20代と違って重力に逆らえなくなってきた体を改善

30代主婦の重力に負けない体づくり!胸・背中・二の腕のたるみ改善

コラム

スキンケアにルルルンワンというアイテムがおすすめ

投稿日:

いつまでも肌のハリや弾力は若々しいままでいたいものですが、残念なことにそれらは年齢とともに失われるものです。

人によって年齢肌のケアを必要とする年齢は異なりますが、ケアを始めてもすぐに効果が現れるものでもないので、年齢に関係なく早めに手を打つようにしましょう。
普段使用するスキンケア商品をエイジングケアができるものに変える、フェイスマッサージで老廃物を流したり美容液マスクでよりお肌に潤いを与えてスペシャルケアをするなど、年齢に負けない美肌を目標に続けていくことでシワやたるみのないプルプル肌を維持できるのです。
すでにシワやたるみが見られるという女性も、諦めずに改善を目指しましょう。
いつまでも若々しくいたいという気持ちが、モチベーションにつながります。私の場合は産前ではなく産後から、顔中にニキビのようなものが広がってしまいました。

よく産前と産後で体質が違うという話を聞くことはありましたが、私はそうはならないだろうと勝手に思い込んでいたのでとても驚きました。母乳で育児をしているので使用する薬の成分によっては赤ちゃんに影響が出てしまうので、たっぷりと保湿して肌の状態を整える事にしました。
赤ちゃんのお世話で大変ですが、保湿だけは毎晩しっかり行うようにしたところ、顔面に沢山現れていたニキビのようなものは少しずつ良くなってきました。

吹き出物は、Tゾーンなどの皮脂が出やすいところに出来るというイメージを持っている場合が多いかもしれません。

ですが顔以外にも背面にできることもあります。背中にできたニキビは自分で確認することが難しいため、悪化してから気づくのが特徴です。

シャンプーやリンスが付着しやすい背中は、汚れが残りやすい部分です。

汚れやシャンプー等をしっかりと落とし、背中ニキビの予防をしましょう。妊娠中はつわりのせいであまり食事が取れませんでした。

このため栄養も足りていなかったのだと思いますが、なんにせよ肌が荒れてしまって悩まされました。
またホルモンバランスがおかしくなっているためなのか使用する化粧品を変えたわけでも無いのに痒くなるようになりました。とりあえず化粧水だけ低刺激な敏感肌用のものに変えてみたところ痒くなることはなくなりました。

肌質の変化の他にシミができやすくなることも知っていたので日焼け止めを子供でも使える低刺激のものに変え、紫外線から肌を守るようにしていました。

スキンケアで気をつけたい習慣として入浴があります。
お肌のケアに入浴は必要ですが、同時に乾燥肌にも注意が必要です。肌の乾燥対策のポイントはお湯の温度・入浴時間・体の洗い方とケア方法です。
1.温度の高いシャワーや入浴と長い時間入浴はせずお風呂やシャワーの温度は38~39度に設定し、お湯につかる時は20分以上はつからないこと。2.体の洗い方タオルで強くこすらず、石鹸のふわふわの泡を手のひらで伸ばすように。

3.お風呂あがりはすぐに保湿しましょう。

肌の水分が蒸発するのですぐに保湿ケアしましょう。私が肌をいたわる中で一番大事だと考えているのは、先につけたお肌ケア化粧品が肌のすみずみまで行き渡ってから次のスキンケア用品を使うということです。

顔を洗ったら優しくタオルで拭いて、それから最初に化粧水を馴染ませます。

すぐさま次の美容液などを付けたいところですが、化粧水が肌の奥まで浸透するのを待つようにします。化粧水が肌に馴染んだと感じたら次の工程に移りましょう。

美容液も化粧水と同じようにじっくりと肌に馴染ませます。
クリームを最後に塗って終わりですが、その際も美容液などが肌の奥まで行き渡ってからにしましょう。急いでお手入れするよりもグッと肌の調子が整いますよ!日頃のスキンケアとして気を付けていることは、何と言っても保湿です。
バスタイムの後にはすぐさま化粧水を沢山使用して顔を潤わせます。

その後は必ず、美容液成分入りの乳液で蓋をするようにしています。
私が愛用しているのは、ヘチマ水です。価格も大変お安いので、気軽にパシャパシャできます。

顔から、首筋から胸元まではたきかけます。

ずっとこの方法でスキンケアしてきましたが、肌トラブルとは無縁です。
肌の乾燥を引き起こす要因の一つが洗顔です。
メイクをした女性の場合、クレンジングで落としてさらに洗顔料で顔を洗うことが多いです。その際に、クレンジングや洗顔料が肌が必要とする皮脂を過剰に奪っていると思われます。

しかも年を重ねることで肌が持つ油分が低下するため、乾燥がエスカレートしてしまうのです。

したがって顔を洗った後は保湿力のある化粧水や乳液などできちんと肌を整える必要があります。

妊娠中はもちろんですが産後であっても通常とは異なるホルモンバランスのため肌質の変化が見られる事も少なくありません。

妊娠前にはなかった肌の乾燥が気になるようになった、シミが目立つようになってしまった…。そんなときには、いつも以上にスキンケアに向き合ってあげましょう。辛いつわりで動けない、という方もいるでしょう。

そんなときには無理は禁物ですが、シミが多くなったというのであれば、外に出なくても、また冬でなくても日焼け止めを使うとシミは出来にくくなるので試してみてください。

私がお肌の手入れで特別視しているのは、1番目のスキンケア商品が浸透したら2番目を、2番目が浸透したら3番目を…ときちんと浸透するのを待つことです。

洗顔してタオルで水気を拭き取った後、まず初めに化粧水を使います。

すぐさま美容液を使わずに、初めの化粧水がきちんと肌に馴染むまで待つ必要があります。化粧水が肌に吸収されたように感じる事ができたら美容液を使います。これも同じように美容液が肌に馴染むのを待ちます。美容液がお肌に吸収されたように感じたら仕上げに夜用保湿クリームを塗ります。急いでお手入れするよりも翌日の化粧乗りも良くなりますよ☆
ルルルンワンがおすすめ

-コラム

Copyright© 30代主婦の重力に負けない体づくり!胸・背中・二の腕のたるみ改善 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.